厳選!実印の価格比較サイト6選

ホーム > 実印の価格について > 実印の価格と選び方のポイントとは

実印の価格と選び方のポイントとは

 住民登録している各市区町村の役所に登録申請して受理された、法的な効力を持つ印鑑を実印と呼んでおり、他の印鑑とは異なり法律上や社会上の権利、義務の発生を伴うものです。
印鑑登録証明書とセットで使用することで法的効力を持つ印鑑です。
実印として登録する印鑑さ文房具店や百円ショップで購入することができる三文判と呼ばれる機械で大量に生産されている、安価な印鑑を使用することも可能という場合もありますが、偽造などのリスクとかなり高いので、必ず印鑑専門店に依頼して作成してもらうようにしましょう。
実店舗のある印鑑専門店に足を運び依頼するべきだという考えもありますが、近年では実店舗に行かなくても済むネット通販を利用して実印を手に入れるという人はかなり増えており、珍しいことではなくなりました。

 実印を作るとなれば、気になるのはその価格ではないでしょうか。
実店舗のある印鑑専門店となれば、実印の本体代金の他に店舗の維持費や光熱費なども上乗せされることになるので高額になりがちです。
その点ネット通販ならば無駄なコストの削減につながるので、実店舗で購入するよりも、リーズナブルな料金で買うことができたり、同じ料金でも品質が良くクオリティの高い実印を手に入れることができるようになります。
高ければ品質が良いに違いないと考えてしまいがちですが、中には高くてもお粗末な仕上がりや素材のものもあれば、リーズナブルにも関わらず品質も良くクオリティが高い実印を作ってくれる業者もあります。
大切なものだからこそよく考え、納得できる業者に依頼するように心がけておきましょう。

 実印の価格の相場は素材によっても大きな違いがあります。
実印で最も高級な素材となっているのは、象牙です。
象牙の印鑑は押印性に優れていて耐久性も際立っていることや、持った時の重厚感も他のものとは格段に違い、レベルの高い実印となります。
どこで購入するのかによる違いもありますが、相場としては二万円前後となっています。
スタイリッシュなデザインで人気になっているのはチタンでできている実印であり、相場は一万五千円程度になっています。
リーズナブルであり購入しやすいものが、黒水牛でありコストパフォーマンスの良さから最も人気の高い実印素材です。
相場も五千円程度になっているので、あまり金銭面で余裕がないという人でも作りやすくなっています。
よく素材も比較してから選ぶようにしましょう。

次の記事へ